笹部博司の演劇・舞台製作会社

りゅーとぴあ発 精神科医・伊良部シリーズ第2弾ハリネズミ

2019年イン・ザ・プールで共演した、渡辺徹&内博貴コンビが再結成!先端恐怖症のヤクザが、伊良部の病院にやってくる!

ハリネズミは、奥田英朗著空中ブランコ(直木賞受賞)に収録された短編小説が原作。
精神科医 伊良部シリーズとして発表され、伊良部総合病院の地下にある神経科を訪れる人々と、彼らを診る医師を描いた作品です。

精神科医 伊良部シリーズから人気作イン・ザ・プールを、2019年にりゅーとぴあ発として舞台化。
デブでマザコンの精神科医の伊良部を渡辺徹が、出版社勤務の患者を内博貴が演じ、プールにハマった二人が起こすドタバタ喜劇に大きな反響をいただきました。次回作を望む声も多く、舞台化のシリーズ第2弾となるハリネズミを上演決定いたしました。

ハリネズミで、精神科医の伊良部の患者となるのは、先端恐怖症のヤクザ。
前作に続き、精神科医の伊良部一郎を務めるのは、渡辺 徹。今回も患者の妻との二役を演じます。 その伊良部の患者、先端恐怖症のヤクザ 猪野誠司を務めるのは、内 博貴。
前作イン・ザ・プールに続いて、コンビ再結成を果たします!

トンデモ精神科医と新たな患者が起こすドタバタ喜劇にご期待ください。

チラシを見る(PDF)

あらすじ

先が尖ったものを見ると恐怖を感じる"先端恐怖症"のヤクザ・猪野は、デブでマザコンの精神科医・伊良部の患者になった。
恐れを知らない伊良部は、逆療法として猪野に注射を打とうとする。何度も、何度も。
ダメだ、伊良部に近づいてはいけない。しかし他に頼れる相手もない。
一方、猪野の内縁の妻・和美は、猪野に内緒でトラブルを巻き起こす。
彼女は怒らせてはいけない存在なのだ。
ヤバイぞ、このままでは身の破滅だ。
前門の虎、後門の狼に挟まれ、猪野はいかに乗り越えるのか。

キャスト・スタッフ

出演
  • 渡辺 徹
  • 内 博貴
原作
奥田英朗「ハリネズミ」(文春文庫『空中ブランコ』より)
上演台本・演出
笹部博司
ステージング
舘形比呂一
企画協力
文藝春秋
企画製作
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館

公式サイト

りゅーとぴあ「ハリネズミ」公式サイト

コメント

渡辺 徹
前回「イン・ザ・プール」で、ユニークな医師・伊良部の役はやみつきになりまして、他人には渡したくないと思っていました。「ハリネズミ」でまた伊良部の役ができ、喜びで身体が膨らんでいます(笑)。
前回、内博貴くんと初めてお目にかかり、第一印象はカッコいい、でした。でも私もトップアイドルでしたから、すぐに意気投合しまして(笑)、楽しいコンビが出来上がったと思います。今回も二人だけの芝居ですから、何が生まれ、どうなっていくのか、内くんとの共演が本当に楽しみです。
「ハリネズミ」は笑える作品ですが、それだけでない何か人間として大切なものも描かれています。このようなご時勢ですから、劇場でも十分なコロナ対策を施して、皆様にお誘いをしております。気持ちを晴らすべく、観にきていただきたいと思います。
内 博貴
前回「イン・ザ・プール」で、渡辺徹さんと初めて共演させていただき、非常に楽しかったです。コメディの真髄のようなものも経験でき、勉強にもなりました。
今回の「ハリネズミ」では私の役は変わりますが、渡辺徹さんは伊良部役のままです。コメディ要素としては前回と同じだと思いますので、今回もとても楽しみにしております。二人だけでのステージになりますので、大変な部分はたくさんありますが、このご時勢だからこそ、楽しい作品にできたらと思っております。
感染対策は万全な状態で劇場でお待ちしておりますので、皆様にもご安心して来ていただけたらと思っております。
たくさん笑かします。
上演台本・演出 笹部博司

更にパワーアップして渡辺・内「伊良部シリーズ」第2弾

奥田英朗の創り出した肥満の精神科医伊良部はファンタスティックである。
伊良部はこんな人間になってはいけませんという要素をすべて兼ね備えている。マイナスカードをすべて集めると最強になるように、伊良部は最強だ。渡辺徹で企画を考え始めると、たちまち伊良部が降りてきた。やりたいことをやり、思ったことをそのまま言う、伊良部は私たちの願望で、憧れでもある。渡辺徹なら、無邪気に天真爛漫に伊良部になって楽しんでくれるに違いない。

舞台イン・ザ・プールでの内博貴の出演は幸運以外のなにものでもなかった。うまくいく企画というのは、幸運という後押しが必要なのだ。
内博貴のストレスを抱えたサラリーマンは、伊良部という災難と戦いながら、コミックヒーローのように大活躍し、喝采を浴びた。

演劇は一夜の夢、だったら思いっきり荒唐無稽で、馬鹿馬鹿しい夢をみたい。混乱は人間を活性化させ、破壊は浄化をもたらす。精神科医伊良部はまさに演劇である。

第2弾を考えた。何しろイン・ザ・プールは伊良部シリーズの中でもとびぬけた大傑作である。
もう一度、シリーズを読み返した。渡辺徹と内博貴、この二人が活きる作品、そして選んだのがハリネズミ、先端恐怖症のヤクザの話である。
大阪弁のヤクザを内博貴が演じる。
ある時から尖ったモノに異常な反応をするようになってしまった、未来を嘱望されているヤクザの猪野誠司。尖ったモノが怖い、それではヤクザは務まらない。そこで妻の和美に言われて、精神科医伊良部の元を訪れる。いきなり、組み伏せられ、抵抗敵わず、注射をされてしまう。
ヤクザをヤクザと思わない伊良部精神病院。
これはいける。要は内博貴が脱出不能な困った状況に追い込まれればいいのだ。

内博貴のヤクザ、これが実にはまっている。そのヤクザが注射を恐れて逃げ回る。よしこれなら、イン・ザ・プールを越えられる。

柔道三段の妻。セクシーな水商売の女。巨大なあざらし。乱入する覆面のイラン人。敵対するヤクザ。任侠道をひた走るヤクザの親分。渡辺徹は前にも増して神出鬼没。

出演者は二人、果たしてこの舞台、何が起こるのか?
前にも増した大爆笑、乞うご期待!

東京公演

日程
会場
あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
開演時間
料金
全席指定 6,000円
発売日
一般発売
チケット取扱い
としまチケットセンター
WEB

https://www.owlspot.jp/

24時間受付

電話

0570-056-777

/臨時休業あり

窓口

としま区民センター1階

/臨時休業あり

公演ページ
https://www.owlspot.jp/events/performance/post_204.html
お問い合わせ
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル

025-224-5521

 休館日除く

ツアースケジュール

新潟公演
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場
兵庫公演(西宮)
兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
兵庫公演(加東)
加東市地域交流センター ホール
(2021年4月「加東市滝野文化会館」から名称変更)
広島公演
東広島芸術文化ホールくらら 大ホール
茨城公演
水戸芸術館 ACM劇場
宮城公演
マルホンまきあーとテラス 大ホール
(石巻市複合文化施設)