笹部博司の演劇・舞台製作会社

Profile & Works

笹部 博司(ささべ ひろし)

  • 脚本
  • 演出
  • プロデューサー

笹部博司

1977年に演劇・戯曲を専門とする出版社「劇書房」を設立。海外のベストプレイシリーズ、寺山修司戯曲集などを出版する。次第に、自社で出版した作品を製作し上演するようになり、1990年に演劇製作会社「メジャーリーグ」を設立。

主な作品に、江守徹「審判」、大竹しのぶ「奇跡の人」、三國連太郎「ドレッサー」、古田新太・生瀬勝久「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」、西城秀樹・鳳欄・市村正親「ラヴ」、南果歩「幻の光」、天海祐希「ピエタ」などがあげられる。

1990年から2004年までマネージャーをつとめた白石加代子主演の舞台をプロデュースする。主な作品に武田真治(初演)・藤原竜也(再演)「身毒丸」、麻実れい「メアリー・ステュアート」、蜷川幸雄演出による上演時間9時間に及ぶギリシャ劇「グリークス」、「百物語」シリーズなどがある。

戯曲や小説を自身で上演台本として作成し、イプセンやストリンドベリなどの作品を「笹部博司の演劇コレクション」として出版。

新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ演劇部門芸術監督も務め、りゅーとぴあプロデュース作品では、十朱幸代「燃えよ剣」、井上芳雄「夜と霧」、井上芳雄・上白石萌歌「星の王子さま」、渡辺徹・内博貴「イン・ザ・プール」などで、脚本・演出を担当した。

主な舞台作品一覧

イン・ザ・プール
渡辺徹 内博貴
十二番目の天使
井上芳雄 栗山千明 六角精児
人形の家
北乃きい 大空ゆうひ
星の王子さま
井上芳雄 木村花代 上白石萌歌
エレクトラ
高畑充希 白石加代子
オフェリアと影の一座
白石加代子
極限に向き合う男 1 井上芳雄による「夜と霧」 苦しみの果て、それでも人生に然りと云う
井上芳雄
物語の女たちシリーズ 第12弾 大石内蔵助の妻 りく
佐久間良子
物語の女たちシリーズ 第11弾 白い犬とワルツを ~私は白い犬~
草笛光子
物語の女たちシリーズ 第10弾 有吉佐和子『華岡青洲の妻』
有吉佐和子
物語の女たちシリーズ 第9弾 『私のエディット』 ~松坂慶子が語るエディット・ピアフの物語~
松坂慶子
物語の女たちシリーズ 第8弾 『柳橋物語』 ~おせん、私は生きていく~
長山藍子
物語の女たちシリーズ 第7弾 『紀ノ川』 ~花との再会~
司葉子
物語の女たちシリーズ 第6弾 『花埋み』 ~日本初の女医、荻野吟子の生涯~
山本陽子
物語の女たちシリーズ 第5弾 『春の雪』 ~禁断の恋、聡子~
若尾文子 三田村邦彦
物語の女たちシリーズ 第4弾 『蝉しぐれ』 ~永遠の初恋、ふく~
岸恵子
物語の女たちシリーズ 第3弾 『黒い雨』 ~八月六日広島にて、矢須子~
奈良岡朋子
物語の女たちシリーズ 第2弾 『燃えよ剣』 ~土方歳三に愛された女、お雪~
十朱幸代
物語の女たちシリーズ 第1弾 『花影の花』 ~大石内蔵助の妻、りく~
水谷八重子
角野卓造・矢崎滋 ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ
角野卓造 矢崎滋
古田新太・生瀬勝久 ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ
古田新太 生瀬勝久 松重豊
奇跡の人
大竹しのぶ 荻野目慶子
ピサロ
山崎努
ドレッサー
三國連太郎 加藤健一 渡辺えり子
クラウド9
南果歩 上杉祥三 村田雄浩 銀粉蝶 松重豊 高畑淳子 平田満
ブラック コメディ
矢崎滋 沼田爆
ラヴ
ラヴ
メアリー・スチュアート
メアリー・スチュアート
女たちの十二夜
内野聖陽 生瀬勝久 片桐はいり
トップガールズ
白石加代子 松金よね子
白石加代子 百物語
白石加代子
ガラスの動物園
南果歩 筧利夫
武田真治『身毒丸』
武田真治
藤原竜也『身毒丸』
藤原竜也
グリークス
蜷川幸雄 演出
幻の光
南果歩
マクベス
段田安則 南果歩 八嶋智人
ミザリー
市村正親 白石加代子
8人で探すリア王
白石加代子 池畑慎之介
天海祐希のピエタ
天海祐希
オーファンズ
根津甚八 椎名桔平 伊藤高史
ハムレット
安寿ミラ 旺なつき
モンテ・クリスト伯
安寿ミラ
クラリモンド
安寿ミラ 貴水博之
血の起源
西島千博 安寿ミラ 舘形比呂一
さよならの城
久世星佳 舘形比呂一 NIRO
渡辺えり『おやすみ、母さん』
渡辺えり
中嶋朋子『おやすみ、母さん』
中嶋朋子
シラノ・ド・ベルジュラック
市川右近 安寿ミラ
トスカ
大地真央
王女メディア
松井誠
ジョン・ガブリエルと呼ばれた男
仲代達矢 大空眞弓 米倉斉加年 十朱幸代
地球に落ちてきた男 カスパー
舘形比呂一 保村大和
ちっちゃなエイヨルフ
勝村政信 とよた真帆