笹部博司の演劇・舞台製作会社

演劇についてのあれこれ(その3)

発見と体験

デミ
お前なんか愛してない。だから追いまわさないでくれ。ライはどこだ、それから美しいハーミアは。一人は俺が殺す、そしてもう一人に殺される。周りは木ばっかりで、気が変になる。ついてくるなと言ってるんだ。
ヘレナ
ついて行ってるわけではないの。ひっぱられてるの。言ってみたらあんたの心は磁石で、わたしの心は忠実な鋼っていうことね。ほら、引っ張られてる、引っ張られてる。お願い、あんまり引っ張らないで。キャー! くっついちゃった。
デミ
くっつくな。離れろ。おまえはうっとおしい、わずらわしい。シッシ、あっちへいけ。
ヘレナ
ワン、ワン。わたしはあんたにまとわりつく犬なのよ。いいからぶって、蹴って。なにされてもいい。無視されてもいい、放っておかれてもいい。あんたが私を見るのもいやだってことはわかってる。でもせめて、そっと後をついていくのだけは、許してほしいの。見えないってことにすればいいじゃない。
デミ
見えるんだよ、嫌でも。そして目に入るとムカムカしてくるんだ。
ヘレナ
わたしはあんたを見ていないとムカムカするの。
デミ
これ以上お前を嫌いにさせないでくれ。こんな夜の夜中、人けのない場所で、男をつけまわす。女の慎みはどうなってるんだ。大事なもの、なくしても責任は持たないぞ
ヘレナ
わたしはあんたのことを信じてるもん、何の心配もしてない。わたしはあんたを見てるだけで幸せなの。だって、わたしにとってあんたが全世界なんですもの。
デミ
ああ、やってられない。俺は逃げる。おまえなんか森のオオカミに食われてしまえ。
ヘレナ
臆病が勇気をおいかる。お願いだから、置いて行かないで。
デミ
離せ。今度、見つけたら、とことんひどい目にあわせるからな。(退場)
ヘレナ
これまでだって十分ひどい目にあわされたわ。ついて行こう。愛する人の手にかかって死ねるなら、それが幸せ!!(退場)

これは「夏の夜の夢」のデミートリアスとヘレナの件である。
ヘレナはワン、ワン。わたしはあんたにまとわりつく犬なのよと言う。
これはとっさに思いついて言った言葉だ。前もって準備していたわけではない。
ヘレナという役はない。ヘレナの人生があるだけだ。気がつくと、ヘレナの人生を生きている。そして、自分の知らない自分が、そんな戯言を口走っている。
言ってみたらあんたの心は磁石で、わたしの心は忠実な鋼っていうことね。ほら、引っ張られてる、引っ張られてる。お願い、あんまり引っ張らないで。キャー! くっついちゃった
思い返して、そんなことを言った自分を死ぬほど後悔する。しかし、気がつくと、もっと馬鹿なことをやっている自分を発見する。それがヘレナの落ちいってしまった状況である。だとすれば、その状況を自分が生きるしかない。
気がつくと、自分の中に隠れていた自分が暴走し、それを引き止めることが出来ない。
シェイクスピアは、自分の中の、そんな自分を取り出して、解き放っているのだ。
それは役ではない。人間だ。
そしてその言葉をしゃべるのは、俳優自身である。
俳優は、自分の中にもそんな自分がいることを発見する。

シェイクスピアが俳優に求めているのは、そのことだ。
思い浮かべる。思い浮かべると、思い浮かんだ情景がいてもたってもいられなくさせる。心臓が胸を突き破るほど、高鳴っている。
観客がみたいのは、その高鳴っている心である。
思い浮かべるという想像が、高鳴るという現実を作り出す。
その発見と体験が俳優の仕事である。
自分にしゃべらせる。
そう思えばいいのである。
そう思って、この台詞をしゃべってみて。

ヘレナ
見えないってことにすればいいじゃない。
デミ
見えるんだよ、嫌でも。そして目に入るとムカムカしてくるんだ。
ヘレナ
わたしはあんたを見ていないとムカムカするの。

俳優は一生懸命その気持ちになろうと四苦八苦する。
気持ちは外にはない。
自分の中にある。
演じる必要はない。
取り出せばいい、それだけのことだ。

  1. 本心は準備できない
  2. 知らない自分
  3. 発見と体験
  4. 今、心に起こっていること
  5. To be, or not to be, that is the question.
  6. 井上芳雄の「夜と霧」
  7. 上白石萌歌の「星の王子さま」
  8. 一羽の鳩
  9. 三國連太郎の座長
  10. 矢崎滋と角野卓造の「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
  11. 高畑淳子のサー・トービー
  12. 白石加代子のアンジー
  13. 「オイディプス」